自動車のカスタマイズの中でも、エアロパーツの導入は一番人気のあるメニューです。愛車のルックスが劇的に変わるという点で人気なのですが、実は、走行性能もアップするので、見た目だけでなく実用性も兼ね備えたカスタムなのです。エアロという名の通り、車に装着して空気抵抗を変化させるパーツになっています。要するに、高速で走る自動車が、空気の流れをボディ表面に受けることで、車体が浮き上がるのを防ぐことが目的で装着するパーツなのです。エアロが、車体を押さえつける力をダウンフォースといいますが、車を速く走らせる上で、ダウンフォースは重要な役割を果たします。普通に走るだけなら、あまり感じないかもしれませんが、サーキット走行やレースではタイムに大きな違いが出るのです。エアロの中で一番メジャーなのは、リアウイングで車体後部に装着するパーツです。フロントにエンジンが搭載されている車の場合、リアはトランクになっていてより軽くなっているので、エンジンがあって重いフロントより浮き上がりやすくなります。リアが浮いて荷重がかからないと、車の挙動が不安定になりますから、ブレーキングやアクセルワークにも影響が出てしまうわけです。同時に、フロントのリップスポイラーやフロントスカートといったフロント用のエアロを装着して、車の前面から車体の下に流れ込む空気の流れを、アップリフト方向からダウンフォースに変えることで、より安定した速い走りを手に入れることができるようになるのです。