車好きは好みに合わせてカスタマイズしますが、デザインを重視したドレスアップと性能の向上を目的としたチューニングに分かれてきます。最近では高級セダンでもハイパワー仕様の車もあるほどですから多様化するニーズに対応できるようになっていますが、スポーツ車の場合にはチューニングがしやすい特徴があります。特にターボ車の場合にはタービンに多く空気を送り込む必要がありますし、たくさんの空気を燃焼した場合には排気効率を高める必要があります。一般に給排気系パーツと呼ばれますが、エアクリーナーなどの吸気系パーツと排気系パーツのマフラーを交換することでパワーアップが期待できます。タービンによって大量に燃焼された空気はノーマルマフラーでは捌ききれませんので、排気効率を高めるためにパイプ径を太くしたりストレート形状にしたりといった工夫が必要になってきます。車種や排気量、ターボ車かノンターボ車かによって最適なパイプ径が変わりますが、パイプ径は太ければ良いわけではないため車種に最適なものを選ぶ必要があります。水道に似ていますが、パイプ径が太すぎると排気ガスの流速が落ち効率よく排気できませんので、車種に最適なマフラーを選ぶことが大切です。